「貸切バス=換気の悪い密閉空間?」と心配されていると思います。

代表的なものを紹介します。
日野セレガの大型バスは「外気導入モード」があり、車両の前方と屋根上のエアコンから新鮮な空気を取りいれることができるため、約5分で車内の空気を入れ替えることができます。
三菱ふそうの大型バスには「外気導入固定運転」があり、車両の前方と屋根上のエアコン、床下から新鮮な空気をとりいれることができるため、約5分で車内の空気を入れ替えることができます。

上記に加え、
窓が開閉できるタイプのバスでは、少し窓を開けて運転する。待機中は窓を全開にし空気を入れ替える等工夫も行います。
換気をすれば空気中の浮遊する菌からの感染リスクを下げることができます。